〒860-8536 熊本市中央区上通町2-1 ホテル日航熊本内 

top_header_2.png

menu_top.pngmenu_top.pngmenu_rc.pngmenu_rc.pngmenu_gyouji.pngmenu_gyouji.pngmenu_makeup.pngmenu_makeup.pngmenu_shuho.pngmenu_shuho.pngmenu_otoiawase.pngmenu_otoiawase.pngmenu_kaiin.pngmenu_kaiin.pngmenu_link.pngmenu_link.png

名称について

 ロータリークラブは、1905年アメリカのシカゴでポール・ハリスという弁護士によってつくられました。そして、当時クラブの会合が会員の事務所で順番(inrotation)に開かれていたことから、この名称が生まれたわけです。ロータリーというと、ロータリークラブ及びロータリアンによって構成される組織をさす場合が最も多いのですが、場合によっては、ロータリーの概念をさすこともあります。

基本的な考え方

 ロータリーは、人道的な奉仕を行い、あらゆる職業において高度の道徳的水準を守ることを奨励し、かつ世界における親善と平和の確立に寄与することを目ざした事業および専門職務に携わる指導者が、世界的に結び合った団体です。(1976-77年度RI理事会決定事項)

綱領(RI定款第4条)

ロータリーの綱領は、有益な事業の基礎として、奉仕の理想(他人のことを思いやり、他人のために役立とうとすることであると定義されている)を掲げ、特に次の各項を鼓吹、育成することにあります。

第1 奉仕の機会として知り合いを広めること。
第2 事業及び専門職務の道徳的水準を高めること。あらゆる有用な職業は尊重されるべきであるという認識を深めること。そして、ロータリアン各自が職業を通じて社会に奉仕するために、その職業を品位あらしめること。
第3 ロータリアンのすべてが、その個人生活、事業生活及び社会生活に常に奉仕の理想を適用すること。
第4 奉仕の理想に結ばれた事業と専門職業に携わる人の世界的親交によって、国際間の理解と親善と平和を推進すること。

奉仕について

 次の奉仕の4部門を通じて、ロータリーの綱領を遂行していきます。

1.クラブ奉仕:ロータリーアンが、自分のクラブを円滑に運営するために行う諸活動
2.社会奉仕:各ロータリアンが、自分の地域社会を一層住みやすくするために、あらゆる地域活動に参加すること。
3.職業奉仕:各自の事業及び専門職業を通じて奉仕を推進すること。
4.国際奉仕:世界の諸国民の間に友情と理解を広めるよう努め、優秀な学生を1年間外国に留学させるなどのロータリー財団のプログラムを後援すること。

4つのテスト

 ロータリアンは、日常の社会生活を次の4項目に照らして言動するよう心がけて自分の職業に対する誇りを高め、信頼される社会人として友情を広げるように努めています。言行はこれに照らしてから

1.真実かどうか?
2.みんなに公平か?
3.好意と友情を深めるか?
4.みんなのためになるかどうか?

会長挨拶

スクリーンショットkitoku.png

熊本南ロータリークラブ
               会長  喜讀 宣友

 2018~2019年度 熊本南ロータリークラブの第61代会長をお引き受けすることとなりました喜讀宣友です。これまでの60年間、すばらしい歴史と伝統を築いてこられた先輩方に敬意を表するとともに、新たな一歩を踏み出すことの責任の重さを感じております。
 さて2018~2019年度 RI会長 バリー・ラシン氏は、ロータリーのテーマに BE THE INSPIRATION(インスピレーションになろう)を掲げ、前向きな変化を生み出し、私たちが今日直面する課題に勇気と希望、そして創造性をもって正面から立ち向かう意欲を、クラブ、ロータリアンに求めています。
 また2720地区ガバナー 髙山泰四郎氏は地区スローガンを ~ロータリーは心の太陽~ 「ロータリーを信奉し、奉仕に行動しよう」とし、私たちロータリアン共通の価値観を簡潔に示した「ロータリーの中核的価値観」(①奉仕②親睦③多様性④高潔性⑤リーダーシップ)への理解を深めることによって奉仕の実践へ行動することを求めています。
 当然それらのテーマ、スローガンを念頭に置きクラブの運営を行っていく所存ですが、私は会長をお引き受けすると決まった時からクラブテーマを決めておりました。
 それが冒頭の SCRAP & BUILD+  ~ 前へ ~  です。建物解体という仕事柄、壊すのは得意ですが、作る方もしっかりやっていきたいと思っております。クラブの現況と活動を、今一度原点に立ち返り見つめ直し、続けるべきもの、取りやめるもの、形を変えて続けるものをメンバー全員で考えていきたいと思います。プラスマイナスでマイナスとなってはいけませんので、必ずプラス1以上の成果を61年目の歴史に刻みたいと考えます。
 そのためにも、この一年はクラブの中で、誰よりもロータリーを愛し、誰よりもロータリーを楽しんで、誰よりもロータリーに熱く、感謝の気持ちを持って活動してまいる所存ですので皆様のご支援とご協力を宜しくお願い申し上げます。

 重点目標

①中長期ビジョン策定の中での会員増強(70名へ)
②親睦(地区大会を含めた対外事業への積極的参加)
③姫路南RCとの交流
④新たなる国際奉仕の策定
⑤クラブ定款・細則の見直し 

サイドメニューバー(私達はこ.png
海外へ.png海外へ.png
社会へ.png社会へ.png
新世代へ.png新世代へ.png
これまでの歩み.pngこれまでの歩み.png

サイドメニューバー(入会申込.png

入会申込フォーム

サイドメニューバー(関連リン.png

sign.png


2018-19 RIテーマロゴ゙.png

インスピレーションになろう




ー QRコードApp ー
for Android

for iPhone